◎「豹変」の奨め
 よく文中に「〜が豹変して---」と書かれている。これの語源はご存じ「君子豹変す」だ。
 大方の解釈では、動物の豹のイメージも加わって「人は急に態度や、言質を変えるものだ」と悪い意味で使うものとおもっている。
 ところが、辞書には「君子は、過ちを認めたらその様を良い方にいつでもすぐ変える」という意味で使うとある。
元々、有徳の君子が主語となる諺、故事には悪い意味のものはないのである。