利尻岳(利尻島)

羅臼岳(知床半島)

斜里岳(知床半島)

阿寒岳(北海道)

大雪山(大雪山系)

トムラウシ(大雪山系)

十勝岳(大雪山系)

幌尻岳(日高山脈)

後方羊蹄山(北海道)

岩木山(青森)

八甲田山(奥羽山脈)

八幡平(奥羽山脈)

岩手山(奥羽山脈)

早池峰(北上山地)

鳥海山(出羽山地)

月山(出羽山地)

朝日岳(朝日山地)

蔵王山(奥羽山地)

飯豊山(飯豊山地)

吾妻山(奥羽山脈)

安達太良山(奥羽山脈)

磐梯山(奥羽山脈)

会津駒ヶ岳(越後山脈)

那須岳(那須連山)

魚沼駒ヶ岳(越後山脈)

平ヶ岳(三国山脈)

巻機山(三国山脈)

燧岳(越後山脈)

至仏山(越後山脈)

谷川岳(三国山脈)

雨飾山(頸城山塊)

苗場山(三国山脈)

妙高山(頸城山塊)

火打山(頸城山塊)

高妻山(戸隠連峰)

男体山(日光連山)

奥白根山(日光連山)

皇海山(足尾山地)

武尊山(越後山脈)

赤城山(群馬)

草津白根山(群馬)

四阿山(志賀高原)

浅間山(浅間山系)

筑波山(八溝山地)

白馬岳(後立山連峰)

五竜岳(後立山連峰)

鹿島槍岳(後立山連峰)

剣岳(立山連峰)

立山(立山連峰)

薬師岳(飛騨山脈)

黒部五郎岳(飛騨山脈)

黒岳(飛騨山脈)

鷲羽岳(飛騨山脈)

槍ヶ岳(飛騨山脈)

穂高岳(飛騨山脈)

常念岳(常念山脈)

笠ヶ岳(飛騨山脈)

焼岳(飛騨山脈)

乗鞍岳(飛騨山脈)

御岳(長野岐阜)

美ヶ原(中信高原)

霧ヶ峰(中信高原)

蓼科山(八ヶ岳連峰)

八ヶ岳(八ヶ岳連峰)

両神山(奥秩父山塊)

雲取山(奥秩父山塊)

甲武信岳(奥秩父山塊)

金峰山(奥秩父山塊)

瑞牆山(奥秩父山塊)

大菩薩岳(奥秩父山塊)

丹沢山(丹沢山地)

富士山(山梨静岡)

天城山(伊豆半島)

木曽駒ヶ岳(木曽山脈)

空木岳(木曽山脈)

恵那山(木曽山脈)

甲斐駒ヶ岳(赤石山脈)

仙丈岳(赤石山脈)

鳳凰山(赤石山脈)

北岳(赤石山脈)

間ノ岳(赤石山脈)

塩見岳(赤石山脈)

悪沢岳(赤石山脈)

赤石岳(赤石山脈)

聖岳(赤石山脈)

光岳(赤石山脈)

白山(両白山地)

荒島岳(越美山地)

伊吹山(伊吹山地)

大台ヶ原山(台高山脈)

大峰山(紀伊山地)

大山(中国山地)

剣山(四国山地)

石鎚山(四国山地)

九重山(九重火山群)

祖母山(九州山地)

阿蘇山(阿蘇カルデラ)

霧島山(えびの高原)

開聞岳(南薩火山群)

宮之浦岳(屋久島)

GPSアプリで登山レビュー

iPhone/iPod touchのGPSアプリを実際の登山で使ってみます。ここで登場するアプリは「山と高原地図」「FieldAccess」「DIY GPS」「YAMAP」です。

詳しくはこちら

いまこそ本気で読図する

コンパス、地図を読んで自力で現在地を特定してみます。ハイテクGPS全盛時代からアナログに逆戻りした記録です。ハイカーなら地図が読めて当たり前?

詳しくはこちら

iPhoneとeTrexの違い

新型のeTrex10J/20J/30Jで採用されたGLONASSとQZSSについての解説やiPhoneと何が違うかを考察します。

詳しくはこちら

Jailbreak(脱獄)は必要?

iOSの設定で手の届かない部分はJBでカスタマイズします。登山に合うTweakで更にiPhoneは便利になります。

詳しくはこちら

GPSと歩む山行記録

ヤマレコにアップロード始めました。
  • 六甲山好きと言いつつ雪も好きで武奈ヶ岳のレコが大半を占めます。
  • 冬になったら更新します。
  • 写真写りが悪いのは快晴より深雪を選んで登ったからです。

以前あった山行記録は?

せっかく山に登るのですから、写真などの記録も付けておこうというコンセプトで独自の山行記録を始めました。
しかしヤマレコの規模や使い勝手が格段に良くなり個人サイトでの記録を廃止し、ヤマレコで一括管理したいと思いますが、レコの質の維持や、細かく仕分けれないところが障壁になっており、すべての記録は公開できておりません。